大阪のクリニック給与事情 看護師の年収はどれぐらい?

大阪の看護師の年収について説明します。給与については、病院であるか、老人ホームであるか、精神科であるか訪問看護ステーションであるかなど分野部門により変動があります。まずは、それらがどれくらいであるかについて述べていきます。

大阪の看護師の勤務先別年収を調べると一般的な大学病院では年550万円、月収45万円です。年収が高い方はある程度のキャリアのある人が多く、主任や役職につくとさらに望めます。また、自分のキャリアアップにもつながる職場となります。次に精神科病院では、年550万円、月収42万円で精神科では危険手当というものが付くので他の病院よりも少し高い水準となっています。美容整形外科・クリニックなどの自由診療では、年500万円、月収40万円です。夜勤が無い事や休みが安定している事で人気があります。訪問看護ステーションでは年500万円、月収38万円である程度臨床経験が必要なため、平均年収が高い傾向があります。透析関係では、年450万円、月収30万円であり、人工透析のクリニックなどは最近需要があるため儲かっていることもありキャリアアップを目的に就職される方も多いです。重度心身障害者施設では年420万円、月収28万円で通常の病院と働く環境と変わりがなく夜勤もあります。保育所の看護師では平均年400万円であい、保育士の仕事のような仕事内容で保育士の免許を持ってい方も多いです。年収は安いですが、看護師には人気があり、求人が出ると殺到するので求人情報としては非公開の所も多いです。有料老人ホームでは年600万円、月収40万円で主な業務としては入居者の健康管理を行っています。
kango3
平均的に年500万前後という事になりますが、最近では臨床経験を積むためにクリニックに就職される方も多い傾向にあります。また看護師の業務は夜勤があってハードな職場という印象がありますが、クリニックでは日勤だけの所や時間が決まっている事が多いです。その為、女性にとって家庭を持ちやすい・自分のプライベートな時間を作る事が出来る・キャリアアップの臨床経験を積みながら空いた時間で自己研鑽出来るというメリットもあります。

年収としては他の施設と大きな差はありませんが、働きやすい職場環境という視点で最近では人気があります。

大阪の水準としては以上のようになりますが、全国的に大阪はやや高い傾向にあります。また、多くの看護師がいる事もあり、自己研鑽やスキルアップ・キャリアアップの機会に恵まれた環境であると言えます。